元阪神オ・スンファン、“引退発表”の大打者に労いの言葉「お疲れ様、お疲れ様と言いたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「デホ、本当にお疲れ様」

【画像】“放送事故”連発の韓国TV局、五輪野球途中に「試合終了」のミス

かつて阪神タイガースでも活躍した、韓国プロ野球サムスン・ライオンズのオ・スンファン(40)が、友人のイ・デホ(40、ロッテ・ジャイアンツ)を称賛した。

それとともに発言した、まだ引退が実感できないという言葉からは、切ない思いがにじみ出ている。

2月17日に大邱(テグ)サムスンライオンズパークで会ったオ・スンファンは、「イ・デホが引退するという実感が湧かない。僕と同い年で友達だ。日本でも一緒にプレーしたし、対決もした。メジャーリーグでも同じ球場で見た。誰にでもできることではない。私とも縁が深い」と述べた。

オ・スンファン

続いて、「デホには本当にお疲れ様という言葉をかけてあげたい。インタビューを見ると、大きな体に対するコンプレックスを話していた。本当にすごい選手だ。リーグの若い選手たちから尊敬されて当然だ。お疲れ様、お疲れ様と言いたい」と、友人にメッセージを送った。

オ・スンファンとイ・デホは、韓国球界を代表するスターでありレジェンドだ。2人とも韓国と日本、アメリカの野球を経験している。

オ・スンファンは韓米日で通算461セーブを記録しているが、そのなかでも韓国プロ野球での339セーブは断トツで歴代1位だ。300セーブ以上を記録した選手はオ・スンファンが唯一で、昨年も44セーブでリーグのリリーフ王に輝いた。

そしてイ・デホは、韓国プロ野球通算打率3割0分7厘、351本塁打、1324打点、OPS(出塁率+長打率)0.901を記録した強打者だ。2010年には前人未踏のリーグ7冠王にもなり、9試合連続本塁打という破格の新記録も打ち立てている。

日本でもオリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスで計4年間プレーし、打率2割9分3厘、98本塁打、348打点、OPS0.857を記録。2015年には韓国人選手としては初めて日本シリーズMVPに選ばれた。

イ・デホ

以降、2016年にはメジャーリーグのシアトル・マリナーズに入団し、104試合で打率2割5分3厘、14本塁打、49打点、OPS0.740という記録を残した。

40歳にもかかわらず一線で活躍してきた2人。しかし、来る2022シーズンが終われば、イ・デホは去ってしまう。「言葉を発したのだから責任を負わなければならない。引退を翻すことはない。今年ベストを尽くしたい」と、イ・デホは最後の覚悟を口にした。

楽天マー君のヤ軍時代同僚が韓国へ、メジャー通算90勝のベテラン

阪神のロハスより上と期待充分、韓国KTウィズの新助っ人ヘンリー・ラモスとは?

ロハス、アルカンタラ、サンズ…阪神タイガース外国人選手“Uターン”の可能性を韓国メディア提起

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集