リュ・ヒョンジンが「月間最優秀投手」に…5勝0敗、防御率0.59、被本塁打「0」

このエントリーをはてなブックマークに追加

予想した通りだ。ロサンゼルス・ドジャースのリュ・ヒョンジンがナショナルリーグ5月の「月間最優秀投手」を受賞した。

5月に各部門で最高の成績を残したリュ・ヒョンジンは、1998年7月のパク・チャンホ以来、韓国人メジャーリーガーとしては21年ぶりに同賞を受賞した。

メジャーリーグ事務局は6月4日(日本時間)、公式ホームページを通じて各リーグの月間最優秀選手や投手、新人の受賞者を発表した。それらの賞は、全米野球記者協会に所属した記者たちの投票を通じて決定される。

輝かしい5月だった。リュ・ヒョンジンは5月、6試合45.2イニングを消化して5勝0敗、失点はわずか3点。メジャーリーグで1カ月間、最も高い防御率0.59をマークし、36奪三振を記録した。与四球もわずか3で、被本塁打はなんと「0」だ。5月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦の2回から、同26日のピッツバーグ・パイレーツ戦の1回まで、32連続イニング無失点も達成している。

【関連】野茂もダルビッシュも成し得なかったメジャー“防御率1位”、リュ・ヒョンジンが狙う

5月の間、勝利数と防御率、WHIP(投球回あたり与四球・被安打数合計)で、リーグトップを記録した。これによってリュ・ヒョンジンは5月13日に週間最優秀選手に選ばれ、メジャーリーグ事務局が選定する最高選手賞を受賞した。

(画像=ドジャース公式Twitter)

21年前に月間最優秀投手を受賞したパク・チャンホは、ドジャースで活躍していた1998年7月、6試合42.2イニングを消化して4勝0敗、防御率1.05の成績で韓国人メジャーリーガーとして初めて同賞を受賞している。

アメリカ現地では、「驚くべきことではない」という反応だ。

ロサンゼルス・ドジャース専門放送局『スポーツネットLA』は、公式ツイッターで「驚くべきことではない。リュ・ヒョンジンはナショナルリーグの月間最優秀投手に選定された」と発表した。「驚くべきことではない」とは、リュ・ヒョンジンが月間最優秀投手に選ばれたことに、異議を提起する余地がまったくないという意味だ。

『スポーツネットLA』だけでなく、他の現地メディアもリュ・ヒョンジンが月間最優秀投手に選定されたことを知らせながら、5月に残した圧倒的なパフォーマンスに再注目した。

最高の月を過ごしたリュ・ヒョンジンは来る6月5日、アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦を皮切りに、6月の登板に乗り出す。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事