元韓国代表キム・ヨンギョン、「2021年最も活躍した女子バレー選手」に輝く!専門メディア絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

さすがは“ワールドスター”だ。元女子バレー韓国代表キム・ヨンギョン(33)が「地球最強の女子バレー選手」に選ばれた。

【写真】足長すぎ…“身長192cm”キム・ヨンギョンのゴルフウェア姿

国際バレーボール連盟(FIVB)が運営するバレー専門メディア『バレーボールワールド』は1月16日(日本時間)、2021年のFIVB男女ベストプレーヤー12人を発表。

そこで、キム・ヨンギョンを昨年最も優れた活躍を見せた女子バレー選手に選定した。キム・ヨンギョンは『バレーボールワールド』公式ホームページのメインを飾った。

キム・ヨンギョン

同メディアは、2020年東京五輪で女子バレー韓国代表をベスト4に導いたキム・ヨンギョンの能力を高く評価した。

『バレーボールワールド』は「2021年はキム・ヨンギョンにとって画期的な年だった。2005年に韓国代表デビューを果たし、17年後に代表を引退した。キム・ヨンギョンは3大会連続でオリンピックに出場し、うち2大会でベスト4に進出した。ほか、2021年はインスタグラムとYouTubeチャンネルでフォロワー数100万人を突破した年だった」と紹介。

また、「キム・ヨンギョンは2021FIVBネーションズリーグで196得点を挙げ、東京五輪で目覚ましい活躍を見せた。韓国代表はキャプテンのキム・ヨンギョンの活躍に支えられ、期待以上の成績を収めた。東京五輪後に代表引退を宣言した彼女は、韓国バレー史上最も偉大な選手となった」と付け加えた。

そして、「キム・ヨンギョンは爆発的な人気を誇った。ユーチューブでは100万人以上のチャンネル登録者を持つ初のバレー選手となり、インスタグラムでも100万人以上のフォロワーを獲得した。インスタグラムのフォロワーは現在、180万人に迫っている」と、キム・ヨンギョンが実力と人気を兼ね備えた選手であると褒めたたえた。

◇キム・ヨンギョン プロフィール

1988年2月26日生まれ。韓国・京畿道出身。身長192cm。上海ブライトユーベスト(中国)所属。小学4年生からバレーを始め、2005年に新人ドラフト1位で韓国Vリーグの興国生命ピンクスパイダーズに加入。その後、JTマーヴェラス(日本、2009年~2011年)、フェネルバフチェ(トルコ、2011年~2017年)、上海ブライトユーベスト(中国、2017年~2018年)、エジザージュバシュ(トルコ、2018年~2020年)と海外を転々とし、2020-2021シーズンは11年ぶりに復帰した興国生命でプレー。東京五輪でキャプテンとして女子バレー韓国代表をベスト4に導いた後、2021年8月12日に代表引退を発表した。

2019年8月から『シッパンオンニ(食パンお姉さん)』という名前でYouTubeチャンネルを運営している。チャンネル登録者数は約137万人で、総再生回数は約7718万回。

【関連】「レベルが…」アニメ『ハイキュー!!』を見たキム・ヨンギョンの反応

【写真】「カッコいい…」キム・ヨンギョンの“上目遣い”

【写真】狩野舞子も反応!キム・ヨンギョン、高級車との2SHOT

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集