U-20W杯「注目すべき10人の選手」に韓国のイ・ガンインが選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際サッカー連盟(FIFA)が選定したU-20ワールドカップで「注目すべき10人の選手」に、韓国のイ・ガンイン(バレンシア)が名を連ねた。

FIFAは5月21日(日本時間)、公式ホームページを通じてポーランドU-20ワールドカップで「注目すべき10人の選手」を紹介しながら、イ・ガンインについて触れた。FIFAは「バレンシアは仁川出身の攻撃的MFイ・ガンインを2011年、早々と獲得した」とし、「彼は2019年1月に成人舞台にデビューし、2019年3月には国家代表に初めて招集された」と紹介した。

イ・ガンイン

U-20ワールドカップで韓国が所属するグループFからは、アルゼンチンのCBナウエン・ペレスが選ばれた。ペレスはラ・リーガの名門アトレティコ・マドリードへの移籍が決まった選手で、現在アルヘンティノス・ジュニアーズでプレーしている。

【関連】U-20W杯で“死の組”に入った韓国。思い出される2年前の“悪夢”とは?

他にも、ポーランドのGKラドスワフ・マイェツキ、アメリカのFWティモシー・ウェア、フランスのDFダン・アクセル・ザガドゥ、ナイジェリアのMFトム・デレ・バシル、メキシコのMFディエゴ・ライネス、エクアドルのGKモイゼス・ラミレス、サウジアラビアのMFトゥルキ・アル・アマル、ノルウェーのFWアーリング・ブラウト・ハーランドが名前を連ねた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事