阪神タイガースのロハスが韓国時代の古巣の優勝を祝福!韓国語で「とても誇らしい」とメッセージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神タイガースのメル・ロハス・ジュニア(31)が、韓国プロ野球KBOリーグ時代の古巣であるKTウィズの優勝を祝福した。

【関連】ロハス、アルカンタラ、サンズ…阪神助っ人“Uターン”の可能性

ロハスは11月19日、自身のインスタグラムを更新。

韓国語で「みんなおめでとう!皆さんが今年とても素晴らしい姿を見せてくださり、私はとても誇らしいです。皆さんは優勝リングをはめる資格があります」と綴った。

KTは今シーズン、韓国プロ野球参入7年目にして初となる正規シーズン優勝を果たすと、18日まで行われた韓国シリーズでも優勝していた。

ロハスはKTに去る2017年から2020年までの4シーズン在籍。特に2020シーズンは550打数192安打、打率0.349、47本塁打、116得点、135打点と活躍し、打撃4冠とMVPを受賞するなど、全盛期の活躍を披露した。かつてプレーした古巣の戴冠をロハスも喜んでいるようだ。

KTウィズ時代のメル・ロハス・ジュニア

投稿を目にしたKTのファンからは、「ロハスが帰ってきたらV2!」「ロハス会いたい」「いつでも待ってます」「Come back!」など、ロハスの復帰を待ち望むコメントが多く寄せられていた。

韓国プロ野球での活躍を評価され、阪神と契約して日本プロ野球に参戦したロハスだが、就労ビザ発給で問題が発生。遅れてチームに合流したことで適応に苦しみ、60試合に出場して206打数41安打、打率0.217、8本塁打、18得点、21打点という結果に終わっていた。

【関連】「韓国より先に日本」韓国プロ野球が助っ人獲得で悩んでいるワケ

【関連】日本プロ野球界で重用される韓国人指導者たち、“人気急落”の韓国プロ野球界と明暗クッキリ

【関連】ファン拡大よりも利益を選んだ韓国プロ野球トップ陣、KBO理事会の苦々しい現実

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集