【独占】素行不良の韓国人メジャーリーガーが後悔と再起、夢を語る。カン・ジョンホ特別インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな試練を乗り越え、MLBでの再起に挑戦しているカン・ジョンホ(ピッツバーグ・パイレーツ)。韓国だけでなく、アジアの内野手として唯一MLBで成功した彼が、復活の狼煙を上げようとしている。

カン・ジョンホは、MLBに進出した2015年シーズン、打率0.287、15本塁打、58打点で軟着陸に成功した。

守備の途中、骨折する大怪我をしたが克服し、2016年には21本塁打(62打点)を記録し、MLBで打者としての才能を存分に発揮した。

しかし、その後は相次ぐ不祥事に巻き込まれた。飲酒運転のひき逃げが決定的な打撃となった。

結局、2017シーズンを控えて就労ビザが下りず、ドミニカ共和国のウィンターリーグに参加するなど、MLB復帰に向けて多方面に動いたカン・ジョンホは2018年、かろうじてアメリカの地を踏むことができた。

(関連記事:オ・スンファン、リュ・ヒョンジン…韓国人メジャーリーガーは軒並み「低評価」?

カン・ジョンホは語り始めた。

「今も後悔しているし、これからも後悔するだろう。一生悔やんで生きていきそうだ。大変な時期を送った。あれから酒は口にもしていない。野球だけに集中している」

今も続く飲酒当て逃げ事件の後悔

野球にすべてをつぎ込んでいるものの、自分の過ちは常に気になるものだ。カン・ジョンホは続ける。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事