五輪2連覇逃した韓国、指揮官が敗戦の弁「13年前はこれほどの負担はなかった」【東京五輪】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「13年前はこれほどの負担はなかった」

【関連】「侍ジャパンの金を疑う余地なし」張本の発言に韓国メディア注目のワケ

キム・ギョンムン監督率いる野球韓国代表は、8月5日に行われた東京五輪野球の準決勝でアメリカに2-7で敗れた。

4日の“日韓戦”に続き今回のアメリカ戦でも敗れた韓国は、2度の決勝進出のチャンスをいずれも逃し、2008年北京五輪に続く金メダル獲得を逃した。韓国は来る7日、ドミニカ共和国と銅メダルを懸けた3位決定戦を戦う。

試合後、キム監督は「6回以降に点差が開いた。満足していない」とし、「13年前はこれほどの負担はなかった。楽しく毎試合を戦ったことで連勝が続いた。今大会も、必ず金メダルを取らなければならないという考えはなかった。選手たちとともに、国民が納得できるような試合をすることを望んでいた」と語った。

また、「今日は若い選手たちが発展した良い姿を見せた。惜しい部分も補完すべき点も見つかった。金メダルは忘れ、ゆっくり休んで最後の試合をしっかりと終えたい」と付け加えた。

(写真=聯合ニュース)キム・ギョンムン監督

この日、韓国は6回に投手陣が崩れ大量失点を喫した。「最終エントリーに先発ではなくブルペンをもっと選ばなければならなかったのではないか」という質問に対し、キム監督は「結果について監督が話すことはない。先発陣はこれまで好投していた。仮に継投陣を多く選んでいたらどうなっていただろうか」と問い返した。

そして、「考えがあったからこのようなメンバーを選んだのだ。最後の試合も残っているので待ってほしい」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集