韓国、東京五輪金メダル1号はアーチェリー混合団体!20歳&17歳コンビが同種目の初代王者に

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国アーチェリーの“マンネ(末っ子)”2人が偉業を成し遂げた。

【関連】韓国選手団の弁当の中身は? 給食センターはどんなところなのか

韓国のアン・サン(20)とキム・ジェドク(17)は7月24日、東京の夢の島公園アーチェリー場で行われたアーチェリー混合団体決勝でオランダと対戦し、セットポイント5-3で勝利。韓国勢で第1号となる金メダルを獲得した。

第1セットは不安な滑り出しを見せた。アン・サンの最初の矢が8点となり、続くキム・ジェドクも2発とも9点を記録した。対するオランダは2回とも10点を射抜き、セットポイント2点を先取した。ただ、第2セットでは韓国が盛り返し、3本の矢が9点に命中し、さらにはアン・サンが10点を記録してセットポイント2点を獲得。勝負を振り出しに戻した。

第3セットでは開始とともに「コリア、ファイティン!」と叫んだキム・ジェドクが10点を射抜くと、2射目でもそれぞれ9点に命中し、安定を取り戻した。そして、オランダが3社目で6点を記録したことで韓国がリードを得た。

韓国の勢いは第4セットでも続き、キム・ジェドクとアン・サンがともに最初の矢を10点に当てた。オランダも3連続10点で巻き返しを見せたが、キム・ジェドクとアン・サンは揺れることなく9点を射抜き、勝負を決めた。

アン・サンとキム・ジェドクは前日の23日に行われたランキングラウンド(予選)で男女各1位に入り、混合団体の資格を得た。そして、その勢いを本戦でも継続した。

(写真提供=ロイター/アフロ)アン・サン(左)とキム・ジェドク

“アーチェリーの天才”が期待通りの活躍

ともに2000年代生まれの2人はアーチェリー韓国代表の“マンネ(末っ子)”であり、幼い頃からその才能を評価され、“アーチェリーの天才”と呼ばれてきた。

どちらも初のオリンピック出場だったが、緊張することなく自身の実力を100%発揮する度胸を見せつけた。キム・ジェドクは熱いファイトで力を吹き込み、アン・サンは大会中表情を一度も変えない冷静さで歴史を築いた。

アン・サンとキム・ジェドクは、東京五輪における韓国勢最初の金メダリストになった。

同日、メダル獲得が期待された“韓国射撃の皇帝”ことチン・ジョンオ(41)が射撃男子10mエアピストル本選でまさかの脱落。フェンシングの女子エペ個人では世界ランキング2位のチェ・インジョン(30)が初戦で敗れた。男子テコンドーでも、-58kg級のチャン・ジュン(21)が準決勝で敗れ、金メダルを逃した。

そんななかでもアン・サンとキム・ジェドクは揺るがず、韓国アーチェリーの存在感を世界に知らしめた。

混合団体は今大会から新たに追加された種目だ。これにより、アーチェリーでは最大5つの金メダルを狙えるようになった。重大な責任感を持って大会に臨んだ2人の末っ子が幸先の良いスタートを切ったことで、韓国アーチェリーは全種目金メダル独占に青信号が灯った。

アン・サンとキム・ジェドクは、アーチェリー史上初となる“3冠”に挑む。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集