韓国美女バレー選手の欧州進出に暗雲?ギリシャ移籍伝えたエージェンシーが当該記事を削除

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国女子バレーのイ・ダヨン(24)が欧州に進出すると伝えたトルコのエージェンシーCANNが、当該コンテンツを削除した。『MKスポーツ』が6月17日に報じている。

【写真】「この世の美貌じゃない」イ・ダヨンの圧巻ビジュアル

同メディアによると、CANNは去る6月11日(日本時間)に掲載したイ・ダヨンとギリシャの女子バレーボールチームPAOKの契約を伝えたニュースを最近、ホームページ上から削除したという。リンク自体が消されているようだ。

17日時点で、ホームページ上に掲載されている最新のニュースは8日公開のものとなっている。なお、削除の理由については明らかになっていない。

(写真提供=KOVO)イ・ダヨン

セッターを主戦場とし、女子バレー韓国代表でも活躍していたイ・ダヨンは、2020-2021シーズン途中に学生時代のいじめが発覚。これにより、双子の姉イ・ジェヨン(24)とともに所属チームの興国生命ピンクスパイダーズから無期限出場停止処分を下され、韓国バレーボール協会(KVA)から代表資格を剥奪されていた。

その後、イ・ダヨンは競技引退も考慮したが、CANNから提案されたPAOK入団のオファーを悩んだ末に受け入れたという。ただ、イ・ダヨンのギリシャ移籍が伝えられた直後、選手の海外移籍時に必要な国際移籍同意書(ITC)を発給するKVAは、ITC発給の意志がないことを明らかにしていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集