背中の痛みで離脱していたキム・グァンヒョン、早期回復で監督も「調子は良さそう」と安心な様子

このエントリーをはてなブックマークに追加

米メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに所属するキム・グァンヒョンが、背中の痛みから回復し、ブルペンでのピッチングを開始した。

MLB.comは3月19日(日本時間)、カージナルスのマイク・シルト監督はマイアミ・マーリンズとのオープン戦を控え、現地メディアとのインタビューで、「前日、キム・グァンヒョンがブルペンでボールを投げた」と明らかにしている。

【関連】キム・グァンヒョンが練習再開も、リーグ初戦欠場が“期待の表れ”となる理由とは

シルト監督は続いて、「すべての報告が順調だという内容だったし、彼のボールを受けたブルペン捕手は、ボールの動きもよく、コンディションもよさそうだったと話していた」と伝えた。

キム・グァンヒョンは3月14日、シンシナティ・レッズとのオープン戦に先発登板する予定だったが、コンディション不良によりしばらく安静にしていた。

セントルイス・カージナルスのキム・グァンヒョン

しかし、早期の回復を受け、16日にキャッチボールでなどで徐々にトレーニングを再開し、投球距離を伸ばしているようだ。コンディションを上げているキム・グァンヒョンは開幕からチームに合流し、先発投手として活躍する見通しとなっている。

現在、キム・グァンヒョンのポジションである先発3番手投手は、ダニエル・ポンセデレオンが位置している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集