バイエルンのチョン・ウヨン、韓国代表入りに意欲「常に努力する」【現地インタビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン・ミュンヘンのチョン・ウヨン(19)は、韓国代表の招集を待っている。

チョン・ウヨンは2月20日、英リバプールのアンフィールドで行われた2018-2019欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ16強第1戦、リバプール戦に欠場した。

リバプールへの遠征に同行して試合前にウォーミングアップもしたが、先発や交代リストに名前が入ることはなかった。チョン・ウヨンは、チームの0-0の引き分けを現場で見守った。

試合後のミックスゾーンで会ったチョン・ウヨンは、「試合に出られなかったことは残念」」としながらも、「でもこんな大きな試合についてこられたことも良い経験だと思う。次はプレーできるように、努力したい」と明るい表情で話した。

チャンピオンズリーグのトーナメントラウンドで、プレミアリーグのビッグクラブであるリバプール戦を間接的に経験しただけでも、大きな体験になるという考えだ。

インタビューに応じるチョン・ウヨン

チョン・ウヨンは試合前、体をほぐしながらリバプールの選手たちを詳しく観察する姿を見せていた。リバプールにはモハメド・サラーをはじめ、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノなど、世界的なプレイヤーが所属している。

チョン・ウヨンはバイエルンで実力のある選手たちと過ごしているが、リバプールの選手たちはまた違った憧れの対象だろう。チョン・ウヨンは「リバプールにも優れた選手が多い。どんなところが違うのか、観察していた」と述べた。

チョン・ウヨンは昨年11月、チャンピオンズリーグのベンフィカ戦に途中出場して以来、1軍の試合に出ていない。その代わり、2軍のスケジュールを消化している。チョン・ウヨンは「2軍のスケジュールがあり、1軍に出られなかった面もある」と、現状を説明した。

【インタビュー】19歳のチョン・ウヨンをFCバイエルン・ミュンヘンが育てる理由

チョン・ウヨンは3月の韓国代表Aマッチに招集される候補として、名前が挙がっている。韓国代表パウロ・ベント監督をはじめとするコーチングスタッフが、ヨーロッパ全域に渡って欧州組を観察しているのだ。

もちろん、バイエルンに所属するチョン・ウヨンの選抜も考慮に値するだろう。5月にはU-20ワールドカップもある。チョン・ウヨンにとっては、いずれも重要な舞台になる。

チョン・ウヨンは「代表チームに行けるように常に努力しなければならない。呼んでもらえれば、自分も競争することになるので、より良いことだと思う。一生懸命プレーする必要がある」と、意欲を示した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集