韓国プロ野球2019年の平均年俸が公開に。イ・デホが3年連続で“年俸キング”

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年、韓国野球委員会(KBO)は10球団、合計844人でシーズン開幕を迎えることになる。

ハンファがコーチングスタッフを含めて93人で選手団の規模が最も大きく、キウムが67人で最も少ない。 

選手平均年俸は1億5065万ウォン(約1500万円)で、フリーエージェント(FA)市場が活発ではなかったにもかかわらず昨年より0.3%増加した。 

ロッテのイ・デホは年俸25億ウォン(約2億5000万円)で3年連続“年俸キング”の地位を維持し、ヤン・ウィジ(NCダイノス)、イ・ジェウォン(SKワイバーンズ)など大型捕手たちのFA契約で数年間続いた“打高投低”現象に最大の利益を得た選手たちも登場した。

(関連記事:チュ・シンスの年俸は韓国プロ球団1年分の予算、リュ・ヒョンジン、オ・スンファンは?

KBOは2月18日、今季選手の登録現況と年俸資料を集計して発表した。 

去る1月31日に登録を締め切った10球団の状況を集計すると、監督10人とコーチ248人、選手586人の計844人となった。 

2018年ゴールデングローブ受賞者たち

選手586人のうち投手が296人(50.5%)で最も多く、内野手143人(24.4%)、外野手97人(16.6%)、捕手50人(8.5%)の順となった。新人は55人が登録しており、外国人選手は新規契約19人、再契約11人など、計30人となっている。

平均年俸は約1500万円、前年比0.3%増

新人と外国人選手を除いた所属選手501人の平均年俸は1億5065万ウォンで、2018年に初めて1億5000万ウォン(約1500万円)台を突破した1億5026万ウォンより0.3%ほど微増した。 

前へ

1 / 4

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事