AbemaTVツアー通算2勝のハム・ジョンウが東亜大塚とサブスポンサー契約「光栄で心強い」

2021年02月21日 ゴルフ #男子ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハム・ジョンウ(26)が東亜大塚と手を組んだ。

ハム・ジョンウは2月18日、ソウル東大門(トンデムン)の東亜大塚本社を訪問し、サブスポンサー契約を締結した。今回の契約により、飲料や物品の提供を受けることになる。

また、試合ではポカリスエットのロゴが入ったゴルフウェアを着用し、今後はブランドマーケティングや広報などの活動も行う。

(写真提供=東亜大塚)チョ・イクソン代表理事(左)とハム・ジョンウ

2018年の韓国男子ツアー新人王であるハム・ジョンウは、日本男子ツアー2部で通算2勝、2019年には韓国男子ツアー「SKテレコムオープン」で優勝するなど、技量を証明してきた。ウィットあふれる話術で性格も明るく、ギャラリーから愛される選手でもある。

東亜大塚のハン・ソンヒコミュニケーションチーム長は、「長い間地道に努力し、鍛えられた実力で今年新たな跳躍を控えているハム・ジョンウ選手とポカリスエットがともにできて嬉しい」と話した。

昨年のメインスポンサー契約に次いでサブスポンサー契約を結んだハム・ジョンウは、「国内1位のイオン飲料であるポカリスエットとともにすることができ、光栄で心強い気持ちだ」とし、「ご声援に応えられるよう、良い成績を目標に頑張りたい」と述べた。

【関連】2019年アメリカ男子ツアーで“新人王”に輝いた韓国の22歳は、2020年にいくら稼いだのか

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集