「韓国球界初の女性GM」と騒がれた渦中の人物、わずか10日で退任のナゾ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

キウム・ヒーローズは2月1日、イム・ウンジュ氏を団長に選任してからわずか10日で、団長の交代を決め、新任団長にキム・チヒョン前戦略国際育成チーム長を昇格させることを発表した。

キウム・ヒーローズは、2019シーズンに先駆けて選手団運営とフロント力を強化するため、イム・ウンジュ氏を迎え入れたが、シーズンを目前にした時点でより早く効率的な球団運営のために団長交代を決定。球団運営に強みを持つキム・チヒョン氏を電撃的に新団長に選任した。イム・ウンジュ氏の補職に対しては、現在の経営陣が相談した後、決定する予定だ。

(参考記事:「天と地」侍ジャパンと野球韓国代表にあまりに大きな差が生じているワケ

イム・ウンジュ氏は団長の交代の背景について、「団長就任後、選手団の運営状況を調べたが、私より優れた団長が必要だと感じた。経営陣に新たな団長選任を建議し、これを経営陣が受け入れ、交代することになった」と明らかにした。

イム・ウンジュ氏

キム・チヒョン新任団長はオソン高等学校を卒業し、インディアナ州ユニバーシティ大学(スポーツマーケティング・マネージメント専攻)を卒業した後、LGツインズで外国人通訳、キウム・ヒーローズ(元ネクセン・ヒーローズ)で戦略育成国際チーム長として球団の育成システムを構築し運営。外国人選手のスカウト、海外球団(ボストン・レッドソックス)との協約、海外ポスティング業務を担当していた。

キム・チヒョン新任団長は「大きな責任を感じる。素晴らしいチームであるだけに、最高の成績を出せるように頑張る」と語っている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事