中日、楽天、東京ヤクルトでコーチを務めた芹澤氏、韓国球界SKワイバーンズに

このエントリーをはてなブックマークに追加

SKワイバーンズが新たなコーチングスタッフのひとりとして、日本人の芹澤裕二バッテリーコーチを迎え入れることを発表した。

芹澤バッテリーコーチは現役時代、捕手として活躍。大宮東高校から1986年に中日ドラゴンズに入団。

1996年に現役引退し、翌1997年から中日の二軍バッテリーコーチに。1998年からは中日の1軍バッテリーコーチに昇格し、1999年のリーグ優勝にも陰ながら貢献した。2005年から2009年までは東北楽天ゴールデンイーグルスのバッテリーコーチ、2015年から2016年には東京ヤクルトスワローズの2軍バッテリーコーチも務めている。

【関連】巨人の原監督による韓国球界の特別レッスン、なぜ実現?

SKワイバーンズのコーチ就任の挨拶をする芹澤氏

そんな芹澤バッテリーコーチが韓国にやってきたのは2010年から。最初の2年間はSKワイバーンズ、2012年から2014年まではサムスン・ライオンズでバッテリーコーチを務めている。

2019年からはLGツインズでバッテリーコーチを務め、来季からは再びSKワイバーンズでバッテリーコーチを務めることになった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集