日本だけじゃない!! アメリカで活躍する“韓国女子ゴルフ”ツヨカワ10傑を一挙公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

朴セリが1998に全米女子オープンと全米女子プロゴルフ選手権を制した朴セリの登場以降、韓国女子ゴルファーたち憧れであり目標になっているが、アメリカだ。

過去20年間、実に多くの韓国女子ゴルファーたちが、本場アメリカで活躍してきた。

韓国ではアメリカで活躍する韓国女子ゴルファーたちを総称して“太極娘子(テグッナンジャ)”とも呼ぶ。日本でいうところの「大和撫子」のようなニュアンスを持つ愛称だが、ここではその中でも選りすぐりのツヨカワ“太極娘子”10傑を一挙に紹介しよう。

(参考記事:イ・ボミ、アン・シネ、そして…韓国女子ゴルファー“神セブン”を一挙紹介!!【PHOTO】

チェ・ナヨン

世界で躍進する韓国女子ゴルフ。その中でもLPGA(アメリカ女子プロゴルフ協会)ツアーで長く活躍しているのが、チェ・ナヨンだろう。

2004年にアマチュアながらKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)ツアーで優勝を遂げ、同年11月に17歳でプロ転向。2008年からはLPGAツアーに本格参戦し、2009年にはサムスン・ワールド選手権でLPGA初優勝。2010年には23歳でLPGA賞金女王に輝き、2012年には全米女子オープンも制してしている。

チェ・ナヨン

端正な顔つきとスレンダーなルックスから人気も高く、多数の企業とスポンサー契約も交わしている。スポンサーの数がその人気ぶりを現すバロメーターだとすれば、チェ・ナヨンは文句なしで韓国トップクラスである。

近年はスランプに苦しみ、優勝から遠ざかるどころか賞金ランクでも下位に低迷しているが、復活が待望されている“ツヨカワ”韓国女子の代表格だ。

ユ・ソヨン

アマチュア時代は韓国代表として活躍し、17歳でプロ転向。2008年にKLPGAツアーで初優勝し、翌2009年には5勝で賞金女王になり、アメリカへ。

ユ・ソヨン

2011年全米女子オープンした。2017年にはANAインビテーションも制覇。2018年には全英女子オープン3位、全米女子プロゴルフ選手権・準優勝など、メジャー大会で相次いで良い成績を残し、9月には日本女子オープンを制した。

まだまだ続く!! 韓国ゴルフ界の「女帝」「神童」「次世代エース」など要チェック!!

前へ

1 / 5

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事