来季メジャーリーグの「隠れた宝石」にリストアップされた韓国人打者とは?

2018年12月30日 スポーツ #MLB #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

タンパベイ・レイズのチェ・ジマンが来季の活躍が期待される「2019シーズン・隠れた宝石」にリストアップされた。

アメリカ・メジャーリーグの公式ホームページ MLB.comは12月30日(日本時間)、「2019年に隠れた宝石となる打者5人」を選定した。 5人のリストの中にチェ・ジマンの名前があり、注目されている。

同メディアは、来季のチーム状況がチェ・ジマンに有利だとしている。「タンパベイはC.J.クロン放出し、ジェイク・バウアーズもトレードに出した。また、FA市場でネルソン・クルーズも逃した」としたうえで、「タンパベイが多くの選手変動にあるなか、チェ・ジマンが残ったのは彼に対するチームの信頼が確固たる証」と説明した。

(参考記事:元阪神・ロッキーズの呉昇桓が“韓国プロ野球復帰”に言及。その実現可能性は?

チェ・ジマンの能力にもスポットライトを当てている。

(写真=タンパベイ公式SNS)チェ・ジマン

MLB.comは「チェ・ジマンは12%のボールネットの割合と、20%のボールにバットが出る割合を含めてポジティブな部分が多い」とし、「2019年にはさらに安定的な活躍が期待でき、スモールマーケットであるタンパベイは2021年までチェ・ジマンを少ない費用で起用できるだろう。価格対比効率の良い代案をすでに持っている」と付け加えた。

一方、チェ・ジマンのほかにも、ルーク・ボイト(ニューヨーク・ヤンキーズ)、チャド・ピンダー(オークランド・アスレチック)、ライアン・オハーン(カンサスシティ・ロイヤルズ)、ダニエル・ボーゲルバック(シアトル・マリナーズ)が「2019年の隠れた宝石」に名を連ねた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事