欧州でプレーする韓国サッカーの「若き逸材」に呈した、パク・チソンの“苦言”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、韓国サッカーは10代の有望選手が相次いで登場し、ファンに期待感を与えている。

まずイ・ガンインが「コパ・デル・レイ」(スペインのカップ戦)の2試合を通じて、名門バレンシアで1軍デビューを果たした。またドイツ最高の名門バイエルン・ミュンヘンのチョン・ウヨンが、韓国選手として9人目となる欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグのピッチに立った。

【注目記事】19歳のチョン・ウヨンをFCバイエルン・ミュンヘンが育てる理由

彼らよりも年上のイ・スンウやペク・スンホも欧州でプレーしている。イ・スンウはすでに昨シーズン、イタリア・セリエAで初ゴールを決めた。今季は2部エラス・ヴェローナFCでレギュラーを奪った。ペク・スンホもスペインのジローナFCの出場エントリーに2度入り、1軍デビューは時間の問題となっている。

“韓国サッカーの英雄”パク・チソンも、後輩たちを見る目は温かい。特にイ・スンウとペク・スンホは、パク・チソン自らが理事長を務めるJSファンデーション主催の「水原JSカップ」でU-18代表のユニフォームを着てプレーしたことがあり、その成長に自然と目が行く。

イ・スンウ

しかしパク・チソンは、彼らの才能を認めながらも、「まだ…」と条件をつけた。

自らの才能と実力を成長させることができる適切なチームで、着実に試合に出場することが何よりも重要だと説いた。パク・チソンは最近、JSファンデーションの奨学金伝達式で、本紙『スポーツソウル』と会った後、その見解を明らかにした。

パク・チソンは「(チョン・ウヨン、イ・ガンインなどは)才能が優れているだけに、チームが期待するところも大きいと見ている。韓国ファンの期待も高まっている」とし、「しかし才能のある選手たちだからこそ、今の姿をどれだけうまく維持するがカギだ」と強調した。

パク・チソン自身もそうしてきた

パク・チソンが下した結論は、着実な試合出場だ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集