直近12試合で33失点、“自動ドア守備”とも…元Jリーガーのチェ・ヨンスがFCソウルの監督を辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてジェフユナイテッド市原や京都パープルサンガ、ジュビロ磐田でプレーした元韓国代表ストライカーのチェ・ヨンスが、成績不振の責任を負ってFCソウルの監督を辞任した。7月30日、クラブが報道資料を通じて発表した。

【注目】日本ではアンチ多いキ・ソンヨンも韓国では大スター。11年ぶりKリーグ復帰の理由

今シーズンのソウルは極度の不振に陥っている。KリーグとFAカップを合わせた直近12試合では1勝2分9敗。この間、一試合当たり約3点に迫る31失点も記録した。“自動ドア守備”との汚名も付けられた選手たちの自信喪失、集中力低下は明らかだった。

チェ・ヨンス

選手をリードすべきはずのチェ・ヨンスも自信を失っているようだった。

去る7月29日に行われたFAカップのベスト8では浦項スティーラースに1-5と惨敗。試合後、チェ・ヨンスは「どんな言い訳もしたくない。私の至らなさから出たものだ。ファンと選手に対し申し訳ない気持ちが先走る」と明かしていた。

チェ・ヨンスが監督の座を退いたソウルは現在、「次期監督は未定」と明かしている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集