イ・ボミらの3ショットも。話題のユ・ヒョンジュは?韓国女子ツアー大会2日目【PHOTO】

2020年05月30日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国女子ツアー「E1チャリティーオープン」(5月28~31日、賞金総額8億ウォン=約8000万円)が2日目を終えた。

【写真】ユ・ヒョンジュの男心をつかむフィジカル

2020シーズンは、開幕戦となった2019年12月「ヒョソン・チャンピオンシップ with SBS Golf」以降、新型コロナの影響で長らく中断された。だが5月14~17日に行われた「KLPGAチャンピオンシップ」でシーズンが再開され、今大会が韓国女子ツアーの今季3試合目となる。

日本やアメリカの女子ツアーに先駆けて行われる大会であるだけに、E1チャリティーオープンには日米韓のスター選手がそろった。

日本女子ツアーからはイ・ボミやペ・ソンウ、アン・ソンジュなどが、米国女子ツアーからはキム・ヒョージュやイ・ジョンウン6らが出場している。また昨年の韓国女子ツアーで賞金女王など6冠を達成したチェ・ヘジン、“次世代セクシークイーン”と呼ばれるユ・ヒョンジュも参戦した。

国内勢がトップを走る

大会2日目を終え、トータル12アンダーで首位に立ったのはアマチュア韓国代表経験のあるイ・ソヨンだ。2位は19歳ルーキーのユ・ヘラン。トータル10アンダーでイ・ソヨンの後を追う。

イ・ジョンウン6はトータル6アンダーで12位タイ、イ・ボミとキム・ヒョージュもトータル2アンダーの47位タイで予選通過。60位タイのペ・ソンウはカットライン上での通過となった。

“次世代セクシークイーン”ことユ・ヒョンジュや前回の「第42回KLPGAチャンピオンシップ」で優勝したパク・ヒョンギョン、日本女子ツアーから出場したアン・ソンジュらは、惜しくも予選通過が叶わなかった。

そんな大会2日目の様子は以下の通りだ。

(写真提供=KLPGA)3番ホールでセカンドショットを試みるユ・ヘラン
(写真提供=KLPGA)13番ホールでティーショットを放つキム・ヒョージュ
(写真提供=KLPGA)パク・ヒョンギョン、15番ホールのティーショット
(写真提供=KLPGA)イ・ボミ、1番ホールのティーショット
(写真提供=KLPGA)「尊敬」を意味する手話で医療陣にエールを送るぺ・ソンウ、イ・ボミ、アン・ソンジュ(左から)
(写真提供=KLPGA)ボールの方向を見つめるユ・ヒョンジュ
(写真提供=KLPGA)16番ホール、ペ・ソンウのセカンドショット
(写真提供=KLPGA)16番ホール、イ・ジョンウン6のアイアンショット
(写真提供=KLPGA)16番ホール、グリーンを見つめるイ・ソヨン

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集