マジョルカ久保と対照的…存在価値を失っているイ・ガンインには移籍が必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカーの“未来”とされるバレンシアのイ・ガンイン(19)が、存在価値を失っている。

【写真】韓国サッカーが生んだ「美しすぎる応援美女」がスゴい!

イ・ガンインは3月11日(日本時間)、スペインで行われたアタランタとのUEFAチャンピオンズリーグ16強・第2戦に出場することができなかった。交代リストに名前は挙がったが、出場機会はなかった。

バレンシアのアルベルト・セラーデス監督は交代カードとして、ゴンサロ・ゲデスとデニス・チェリシェフ、アレッサンドロ・フロレンツィを使った。

この日の試合は両チーム合わせて7得点の乱打戦となったが、バレンシアは3-4で敗れた。セラーデス監督はゴールを決めるために積極的な交代を敢行したが、最後までイ・ガンインを出場させることはなかった。

(写真提供=Penta Press/アフロ)イ・ガンイン

3試合連続、出場機会ゼロ

イ・ガンインの立場がますます怪しくなっている雰囲気だ。

イ・ガンインはここ3試合、ピッチに立っていない。2月23日に行われたラ・リーガのレアル・ソシエダ戦で途中出場してから、一度も試合に出ていない。

3月1日のベティス戦では出場エントリーに含まれたが、3月7日のアラベス戦ではメンバーにすら入らなかった。

イ・ガンインは前出のソシエダとの試合で30分ほどプレーし、悪くない評価を受けた。現地メディアからバレンシアの最優秀選手と評価されたが、その後に出場機会を失っている。

バレンシアは現在、ラ・リーガ7位にとどまっており、チャンピオンズリーグも敗退した。チームが難しい状況であるだけに、若手であるイ・ガンインを起用する余裕がない状況だ。

セラーデス監督は主力選手の活用にこだわっており、結局のところイ・ガンインはその構想から外されている。

イ・ガンインがシーズン開幕前に懸念していた悪い流れが、シーズン後半期に実現してしまった状況だ。

移籍を望んだイ・ガンインを止めたバレンシア

イ・ガンインは昨年の夏の移籍市場で、別のクラブへの完全移籍、あるいはレンタル移籍を望んだ。チームのタレントが豊富なバレンシアでは、出場機会をつかむことが難しいと判断し、試合に出られるチームを探してバレンシアを離れようとした。

しかしクラブオーナーの説得で残留することに。シーズン前半はラ・リーガ初ゴールを決めるなど、順調なスタートを見せた。しかしシーズン後半期に入ると、イ・ガンインは戦力外の選手として押し出されている。

そのためスペイン現地では、イ・ガンインの移籍についてさまざまな報道が出ている。次の移籍市場では、レンタルや移籍をさせなければならないという主張もある。

実際にスペインメディア『エルゴルデジタル』は、バレンシアはセルタ・デ・ビーゴのDFホルヘ・サエンスを獲得するために、イ・ガンインを送り出す可能性があると報じた。

いずれにしても、バレンシアで出場機会のないイ・ガンイン。主力としてプレーできるチームに移籍したほうが良い可能性が高い。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事