フィギュアの女王キム・ヨナ、新型コロナウイルス患者のために1億ウォン(約1000万円)寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィギュアの女王キム・ヨナが、新型コロナウイルスが拡散している大邱(テグ)慶尚北道の患者たちのために1億ウォン(約1000万円)を寄付した。

【関連】新型コロナ感染拡大の韓国でスターたちの“寄付リレー”が続く…方法もさまざま

キム・ヨナの所属するAll That Sports側は2月27日、キム・ヨナの寄付事実を伝え、「今回の寄付金は、ファンによる募金とキム・ヨナが支払った1億ウォンで設けられた。寄付金は、ユニセフ韓国委員会を通じて慶尚北道圏域の責任医療機関である慶北(キョンブク)大学病院に送られる予定だ」と説明した。

寄付総額は、1億850万ウォン(約1085万円)だ。

キム・ヨナはこのほかにも、2010年のハイチ大地震、2012年にシリアの児童、2013年にフィリピンの台風、2015年にネパール地震と、自然災害や紛争によって苦しむ世界の人々のために寄付活動を行ってきた。現在までの寄付総額は、10億ウォン(1億円)に上る。

 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事