世界的投資家“北朝鮮投資”に言及。「非常に大きなビジネスチャンス」

2019年01月28日 社会 #ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加

“投資の神”ジム・ロジャーズが韓国の時事番組『今夜キム・ジェドン』(KBS)に出演し、話題を集めている。

1月23日の夜に放送された『今夜キム・ジェドン』で、ジム・ロジャーズは韓国と北朝鮮に訪れたビジネスチャンスについて話した。

「韓国と北朝鮮に非常に大きなチャンスが訪れている。朝鮮半島が統一して解放されれば、その後20年間は世界一注目される国となるだろう」

さらに、「北朝鮮に本当に投資したい。すべての人が変化を望み、仕事を望んでいる。遂にその準備ができた」と付け加えている。

(写真=KBS)

続いてジム・ロジャーズは、韓国の青年たちに向けてアドバイスを贈った。

「朝鮮半島に多くのチャンスが生まれるだろう。公務員になろうとするな。借金を作らず、自分が好きなことをしなさい」

また、「多くの国で景気が低迷し、韓国も北朝鮮制裁などで状況が不透明だ。民間と公共部門ともに負債があまりにも多い。負債問題に関しては神経質になる必要がある」と冷静な指摘をする場面も見られた。

ジム・ロジャーズはウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと肩を並べる“世界3大投資家”として知られている。

今回の報道を通じて世間が“北朝鮮投資”にどれほどの関心を寄せるのか、今後の経過が気になるところだ。

(関連記事:急激な「最低賃金上昇」の悪影響か…韓国で65年間続く“手当”が議論対象に

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事