選挙活動中の野党議員が「性売買・飲酒運転・兵役不正」の放蕩息子のせいで窮地に

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の国会議員を選ぶ総選挙の選挙運動が4月2日からスタートした中、最大野党・未来統合党から立候補しているベテラン議員のチャン・ジェウォン(張済元)が、芸能人出身の放蕩息子のせいで苦境に立たされている。

チャン・ジェウォンの息子は、Mnetのラップサバイバル番組『高等ラッパー』出身のノエル。番組出演時、「国会議員の息子」「金の匙を持って生まれたヒップホップの神童」と騒がれたが、その後は次々と問題を起こしている。

【関連】文在寅大統領の息子が意味深反論「僕たち家族はエサだ」

2017年には未成年者を相手に性売買を試みた事実が明らかになり、2019年には飲酒運転事故を起こしただけではなく、運転手をすり替えて被害者に示談を持ちかけるなどして、在宅起訴された。典型的な放蕩息子というわけだが、性売買、飲酒運転の次は兵役スキャンダルだ。

最近、ノエルが兵務庁身体等級4級で補充役判定を受けた事実が明らかになったのだ。それも父親の情報公開によって。

前述した通り、父親のチャン・ジェウォン議員は第21代国会議員選挙に立候補しているが、3月31日に中央選挙管理委員会が今回の総選挙に出馬した候補者の情報を一斉に公開した“候補者情報公開”によって、息子ノエルの兵役記録も明らかになった。

公開された内容によると、ノエルは2019年12月19日、兵務庁の身体検査の結果、身体等級4級判定を受けて、社会服務要員対象となった。

現行の兵役法では、高校卒業・身体等級1~3級者に限り、現役兵としての入営対象としており、高校中退以下の1~3級者と4級は補充役として社会服務要員として働くことになっている。

身体等級4級とは、疾病・心身障害の程度による評価基準のうち最も低い等級だが、これに該当するのは重症の疾患を持つ者だ。

兵務庁が公開した4級判定対象疾患としては、関節リウマチ、脊椎関節病症、脳下垂体機能低下症、糖尿病、肺結核、先天性心臓疾患、双極性障害などの精神疾患、体全体の入れ墨などになっている。

チャン・ジェウォ氏(左)と息子のノエル(右)

つまり、ノエルがこれらに該当する持病を持つのかと、疑いの目が向けられているわけだ。

父親のチャン・ジェウォン氏はノエルの補充役判定理由について、「個人情報なので明らかにできない」という立場を明らかにしているが、兵役問題は韓国でもナイーブなイシューだけに論議がさらに広がっている。

飲酒運転事故のときは信じられない隠蔽工作も

それにしても息子のために苦労が絶えない父親だ。チャン・ジェウォン氏は現役の国会議員でありながら、息子のために2度も公式謝罪した。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集