俳優チュ・ジフン、『ハイエナ』で恋人と法廷対決!圧巻の演技力に反響

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在放送中のSBSドラマ『ハイエナ -弁護士たちの生存ゲーム-』で、俳優チュ・ジフン扮するユン・ヒジェが反撃の牙を剥いた。

2月22日に放送された第2話は平均視聴率8.1%(前編)、9.4%(後編)を記録。最高視聴率は10.5%と好調ぶりを見せている。

【注目】チュ・ジフン主演の“韓流ゾンビ時代劇”『キングダム』第二章、3月配信決定

第2話では、恋人のチョン・グムジャ(演者キム・ヘス)を相手に無残に敗訴したユン・ヒジェ(演者チュ・ジフン)が、 会心の一撃を狙う様子が描かれた。

チュ・ジフンはどんな状況でも堂々とする一方で、チョン・グムジャ(演者キム・ヘス)の前では理性を失ってしまうユン・ヒジェをドラマチックに熱演。チョン・グムジャにやられてばかりの彼だが、誰よりも優れた頭脳を利用して反撃に向けた野望を表し、緊張感を高めた。

一瞬で恋人から敵同士となった2人の関係が時々刻々変化する中、ユン・ヒジェの“ビッグ・ピクチャー”と反撃の成功可否に視聴者の関心が集まっている。

本格的なパワーゲームが展開される『ハイエナ』で、俳優チュ・ジフンと女優キム・ヘスがどんなキャラクタープレーを繰り広げるか注目だ。

『ハイエナ』は、韓国SBSにて毎週金・土曜よる10時から放送中。

(写真=SBS)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事