【公式】唐田えりかの韓国所属事務所もコメント発表「本人は深く反省して悔いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東出昌大の不倫相手として取り沙汰されている唐田えりかについて、韓国の所属会社であるBHエンターテインメントが公式的な立場を明らかにした。

唐田えりかの韓国所属事務所であるBHエンターテインメントは「唐田えりかのニュースで多くの方々にご心配をおかけし、誠に申し訳ない」とし、「唐田えりかは現在深く反省して悔いている。また、このことで大きな傷を負った家族やファンの方々に深くお詫び申し上げる」と伝えた。

【写真】唐田えりか、韓国のドラマでは日本とはイメチェンの強烈姿を披露

これに先立つ1月22日、『週刊文春』は東出昌大が妻の杏と別居中と報道した。2人の別居理由は東出昌弘の不倫のためであり、相手は映画『寝ても覚めても』で共演した唐田えりかであると主張した。

当該報道以降、東出昌大の所属事務所は別居の事実を認めた。しかし所属事務所は「別居が離婚のためではなく、元の生活に戻るための冷却期間」と明らかにし、不倫説には言及しなかった。

その後、『週刊文春』が不倫説を伝えた同日夜、唐田えりかの所属事務所がファックスで「本人の軽率な行動に深く反省している」という公式立場を明らかにした。

唐田えりかの日本所属事務所であるフラームは1月22日、「唐田えりか本人は軽率な行動を深く反省している」とし、「自分の弱さと愚かさ、甘さを深く受け入れて向き合っている」と伝えたあと、「所属事務所としても2度とこのようなことがないよう、皆様の信用を取り戻せるよう、厳しく指導していく。誠に申し訳ございませんでした」という趣旨のコメントを発表している。

唐田えりか

なお、唐田えりかは1997年生まれで、2015年7月にフジテレビのドラマ『恋仲』を通じて日本で女優デビューした。2017年、イ・ビョンホンやハン・ヒョジュが所属するBHエンターテインメントと韓国内の専属契約を結んでおり、昨年はtvNのドラマ『アスダル年代記』に出演し、韓国でも有名な日本の俳優だ。

東出昌大は、日本の国民的俳優である渡辺謙の娘であり、モデル兼女優活動をしている杏と2015年に結婚して双子の娘と息子を授かった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事