【韓流スターあの人は今】韓ドラ『サムスン』の悪女から実力派に成長のチョン・リョウォン

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも多くの反響を呼んだ韓流ラブコメの傑作『私の名前はキム・サムスン』。その劇中でキム・ソナ演じる主人公キム・サムスン以上に存在感を放っていたのが、ヒジンだろう。

ヒョンビン演じるジノンの元彼女でアメリカ帰りのヒジンは、とても図々しい女性だったが、なぜか気になる不思議なキャラクターだった。

【写真】“イメチェン成功” キム・ソナ「またサムスンのような役やりたい」

このヒジン役を演じたのが当時はまだ無名だったチョン・リョウォンだった。

ヒジンは劇中でダニエル・ヘニー演じるヘンリー・キムと流ちょうな英語でやり取りするシーンもあるが、実はチョン・リョウォンは小学5年生のときに、家族とともにオーストラリアに移住。ブリスベンで育った帰国子女だ。

オーストラリアのグリフィス大学在学中に訪れた韓国でスカウトされ、2000年に4人組ガールズグループ「シャクラ」のメンバーとしてデビューしたのが、芸能界入りしたキッカケだった。

以降、鳴かず飛ばずの時期もあり、2003年にはグループを脱退。女優に転身しても苦労が続いたが、ドラマ『私の名前はキム・サムスン』でブレイク。人気者となり、主演クラスの女優となった。

チョン・リョウォン

2012年には『サラリーマン チョン・ハンジ』と『ドラマの女王』の2本のドラマでヒロインを務め、SBS演技大賞の女子部門・最優秀演技賞を受賞。

2013年にはドラマ『メディカルトップチーム』で、KBS演技賞の女子最優秀演技賞を受賞。2017年にはヒロインを務めた『魔女の法廷』で、KBS演技大賞の女子最優秀演技賞を受賞している。

女優として着実にキャリアを積み重ねているチョン・リョウォン。“ラブコメの悪女”から“実力派人気女優”に成長した彼女の今後に注目したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事