【韓流スターあの人は今】松嶋奈々子と恋仲演じたソン・スンホンはその後どうしているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きている。

気になるのは、かつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。

シリーズでお届けする意欲企画。今回はぺ・ヨンジュン、イ・ビョンホンら“韓流四天王”に並ぶ人気を誇り、松嶋奈々子とも映画で共演したソン・スンホンについて紹介する。

【写真】“韓国のキムタク”ウォンビンの近況キャッチ!!「まったく老けていない!!」の声

アジア圏で知名度高く、日本ドラマのリメイクも主演したソン・スンホン

いわずと知れた韓流スター、ソン・スンホン。1996年に『男女6人恋物語』でデビュー以降、数々の青春ドラマで主演級を務め、2000年に主演した『秋の童話』は韓国で大ヒットを記録し、国民的ドラマとなる。

『秋の童話』はアジア各国で放映され、日本でも2002年に初放映。各局で何度も再放送され、今でも韓流ドラマの名作として人気が高い。

この『秋の童話』のヒットでアジア全域にその名を知らしめたソン・スンホンは、2002年に香港映画『クローサー』、2010年にはハリウッド映画の日本リメイクである『ゴースト もういちど抱きしめたい』に主演。『ゴースト』ではあの松嶋奈々子と共演した。

ドラマでも日本と縁がある。2012年には日本の人気漫画であり、TBS系列でドラマ化もされた『JIN-仁-』の韓国リメイク版である『DR.JIN』に主演している。

ソン・スンホン

また、『男が愛する時』(2013年)、『師任堂、色の日記』(2017年)、『ブラック』(2017年)といったドラマや、『情愛中毒』(2014年)、『ミス・ワイフ』(2016年)、『第3の愛』(2016年)、『隊長キム・チャンス』(2017年)といった映画にも主演。ロマンス、時代劇、ラブコメディにアクションなど、さまざまなジャンルで現在も活躍している。

2019年にはドラマ『偉大なショー』にも主演するなど、現在もトップ俳優として活躍するソン・スンホン。今年で43歳となり、その演技力と存在感はますます成熟するばかりのようだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集