BTSのコンサートに“高級マッサージチェア”が登場?なぜ設置されたのか

2019年10月30日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のヘルスケアグループ「BODYFRIEND」が高級マッサージチェア体験サービスを通じて、BTSのコンサートに訪れた観客たちと会った。

【レポ】BTSのワールドツアー最終公演は“血、汗、涙”の集大成だった

BODYFRIENDは10月26、27日と29日、BTSのコンサート「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF [THE FINAL]」が開かれたソウルオリンピック主競技場のイベントゾーンに、「BODYFRIEND休憩ゾーン」を設けた。

BTSのコンサート観客がマッサージチェアを使い、休憩できる体験サービスを提供した。

BODYFRIEND休憩ゾーンには、同社の「ファラオⅡ」「ファントムⅡ」「パレスⅡ」など10台のマッサージチェアが設置された。

BODYFRIEND休憩ゾーンを訪れたコンサート観客たちは、公演を待つ間にマッサージチェア体験を楽しんだ。

世界中から集まったBTSファンたちはコンサート開始に先立って、マッサージチェアでリラックスしようと長蛇の列を作った。

同社関係者は「若者や学生からお年寄りまで、さまざまな国籍の老若男女がコンサートの前に疲れを癒やそうとマッサージチェアを利用した」とし、「BODYFRIENDは今後も世界中の人々の健康寿命の10年延長に寄与するため、現場に優しいマーケティングをさらに強化する」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事