元AKB48竹内美宥、ついに韓国で歌手デビュー! 80年代ポップスを意識した“告白ソング”

2019年10月11日 K-POP #日本出身芸能人
このエントリーをはてなブックマークに追加

元AKB48の竹内美宥が、プロジェクトシングル『月刊ユン・ジョンシン』を通じて本格的なデビューを飾る。

(関連記事:【全文】元AKB48竹内美宥、「日韓関係悪化のため」新曲リリースがまさかの延期

国民的アイドルグループAKB48として活躍した竹内美宥は、昨年放映された韓国Mnetのオーディション番組『PRODUCE 48』のファイナルに進出。同番組以降はAKB48を卒業し、韓国の芸能プロダクションであるMYSTICエンターテインメントと契約を結んだ。

『月刊ユン・ジョンシン』は、MYSTICエンターテインメントの代表プロデューサーであるユン・ジョンシンによる独自の音楽プロジェクト。さまざまなアーティストがユン・ジョンシンの手掛ける多彩なジャンルの楽曲を歌いあげ、月ごとにシングル音源の形式でリリースされている。

竹内美宥は今回、同シングルの10月リリース分である『月刊ユン・ジョンシン 10月号』で正式にデビューする。本来のリリース予定は7月であったが、「日韓関係の悪化によって、楽曲そのものの純粋な評価が得られない可能性がある」としてユン・ジョンシンが公開延期を決定した。

同シングルに収録された竹内美宥のデビュー曲『私のタイプ』(原題)は、シティポップ調の爽やかな告白ソング。ミュージック・ビデオにも80年代風のレトロな感性を盛り込み、楽曲の世界観を引き出すことに力を注いだという。

ユン・ジョンシンは今回のリリースに関して、「この曲は、シティポップ調の曲をたくさん書いていた2年前に作った。しかし、その頃は“この人だ”というアーティストが見つからなくてお披露目を控えていた。今年の初め、改めてこの曲を歌うアーティストを模索していたところだった」と伝え、竹内美宥への期待感をあらわにした。

「MYSTICエンターテインメントに練習生として加入したミユ(竹内美宥)を推薦され、実際にレコーディングを行ってみると本当に熱意があった。韓国語の練習を本当に頑張ってくれたし、なによりも歌が素晴らしかった」

また、リリースを延期したことについては「今振り返ると慎重すぎたような気もするが、当時はタイミングが違っていたと思う」とし、「私が今日まで傍で見守ってきたミユは、韓国で歌手になりたいという夢のために誰よりも一生懸命努力する仲間だ。私はその夢を応援したい」と伝えた。

竹内美宥のデビュー曲『私のタイプ』は、10月16日午後6時に各種音源サイトを通じて公開される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事