【レポ】SuperMの記者会見に潜入。彼らはK-POPアベンジャーズとなるか

2019年10月02日 K-POP #SHINee #SMエンタ #EXO
このエントリーをはてなブックマークに追加

SMエンターテインメントが披露する連合チーム“SuperM”がついにベールを脱いだ。

10月2日、ソウル龍山区ドラゴンシティのグランドボールルームでSuperMのスタート記者会見が行われた。この日の行事にはメンバーのテミン、ベクヒョン、カイ、テヨン、マーク、ルーカス、テンが出席した。

SuperMはSHINeeのテミン、EXOのベクヒョンとカイ、NCT 127のテヨンとマーク、中国グループWayVのルーカスとテンなど7人のメンバーで構成された連合チームだ。

【関連】K-POP界を揺さぶるSuperM、そのメンバー選定基準が明らかに!

SuperMの「M」は、MATRIX&MASR(マトリックス&マスター)の略字で、優れたアーティストが集まり、スーパーシナジーをプレゼントするという意味を含んでいる。

(写真=SMエンターテインメント)SuperM

この日、ベクヒョンは「7人で構成された連合チームだ。僕たちには目標がある。メンバーの個性と経験を通じてスーパーシナジーを出したい。様々な姿を多くの方に見せて、シナジー効果でスーパーパワーな姿を広く知らせたい」と切り出した。

テミンとベクヒョンが語っていたこと

SuperMはデビューショーケースもハリウッドで進めるなど、アメリカ市場を目標に活動している。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事