“女装男子”登場の新時代劇『朝鮮ロコ 緑豆伝』主演キャストが語る注目ポイントは

2019年09月30日 テレビ #写真 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月30日、韓国KBS2の新ドラマ『朝鮮ロコ 緑豆伝』の制作発表会が行われ、主演のチャン・ドンユン、キム・ソヒョンをはじめ、カン・テオ、チョン・ジュノ、キム・ドンフィ監督が出席した。

韓国ドラマ界で“ウェブ漫画”原作の作品が再び急増中…これまでと何が違う?

本作は、ミステリーな未亡人村に潜入した女装男子チョン・ノクドゥと、妓生の見習い女性トン・ドンジュが繰り広げる奇想天外なラブコメディー。

結婚したくない男子と妓生になりたくない女子が、母娘を偽って一緒に暮らす模様を描く。

本作が初の時代劇出演となるチャン・ドンユンは、“女装男子”役を務めることについてこう語った。

「外見の部分で自分に出来ることは痩せることしかなかった。特殊メイクチームが頑張ってくれた。僕だけの差別化を考えたところ、声かなと思った。女装してからは声がハイトーンすぎて滑稽にならないように、バランスを取る準備をたくさんした」

久しぶりにショートカット姿を披露するキム・ソヒョンは、「ビジュアル的には原作ウェブトゥーンの姿に近づこうと努力した。性格的にはズバズバと言ったりよく興奮したりするところが私と似ている」と、自身の役どころを紹介。

そしてチャン・ドンユンとの共演については「(時代劇で)男が女装をするのは珍しくて、(チャン・ドンユンに)私より可愛いとふざけたりする。スタッフからも『ノクドゥのほうがキレイで困った』といじられるけれど、このドラマで重要なのはビジュアルの競争ではないので、気にしない」と語った。

『朝鮮ロコ 緑豆伝』は、韓国KBS 2TVにて9月30日よる10時から放送スタート。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事