除隊した30代の韓流スターたちが次々と復帰へ。活躍に期待高まる

2019年09月04日 話題 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役を終えたスターたちの復帰が相次いでいる。

30代男性俳優たちの除隊ラッシュが続いた中、最も話題になったのはキム・スヒョンだった。

去る7月に除隊した彼は、9月1日に放送されたドラマ『ホテル デルルナ』(tvN)の最終回に特別出演し、短いが強烈な印象を与えた。

芸能界に復帰したキム・スヒョンは「黄金の30代」を迎えられるか

彼は、自身の代表作『星から来たあなた』(SBS)の監督と、『ドリームハイ』『プロデューサー』で共演したIU、『太陽を抱く月』で自分の子役時代を演じたヨ・ジングと親交が深いため、快く出演を引き受けたという。

キム・スヒョンの特別出演によって、『ホテル デルルナ』2シーズンに対する期待も高まっている。

とある番組関係者は「現在2シーズンの予定はないが、キム・スヒョン効果は大きかった。韓流スターであるだけに、復帰作に対する海外からの関心も大きい」とコメント。

キム・スヒョンは、来年の頭に復帰することを目標に、作品を選んでいるという。

キム・スヒョン(左)、イム・シワン(右)

ドラマ『ミセン-未生-』(tvN)、映画『名もなき野良犬の輪舞』などで実力派俳優へと見事転身を遂げたイム・シワンも、8月31日に放送開始した『他人は地獄だ』(OCN)で復帰した。

累計8億PVを記録した同名の人気ウェブトゥーンを原作にしている同作は、作品性はもちろん、イム・シワンの復帰作という点でも話題を集めた。

初回の平均視聴率は3.8%を記録、ケーブルチャンネルという点を考慮すれば決して低い数字ではないため、今後の視聴率にも期待が寄せられている。

俳優カン・ハヌルと、チ・チャンウクも、それぞれドラマで復帰する。

カン・ハヌル(左)、チ・チャンウク(右)

カン・ハヌルは9月18日より放送開始の新作ドラマ『椿の花咲く頃』(KBS2)で、チ・チャンウクは9月28日より放送の『私を溶かしてくれ』(原題、tvN)に主演する予定だ。

また、“韓流スター”イ・ミンホと2PMのテギョンも、来年の頭に復帰予定だ。イ・ミンホは、大物脚本家キム・ウンスクの新作『ザ・キング:永遠の君主』(原題)で『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』のヒロイン役キム・ゴウンと共演する。

テギョンは、MBCの新ドラマ『ザ・ゲーム:0時に向けて』(原題)の出演を確定させ、撮影を準備中という。

イ・ミンホ(左)、テギョン(右)

このように、除隊した30代俳優たちの相次ぐ復帰に、ドラマ・映画業界では歓迎の声が上がっている。

芸能関係者は「主演級の彼らが同時に復帰することで、キャスティング勢力図も変わっている。彼らが兵役中は、ある程度男性主人公の飢饉現象があったが、解消されているようだ。みんな人気スターであるだけに、復帰作の視聴率にも関心が集まる」と話す。

一方で、心配の声も。他の関係者は「新人俳優たちの活躍の場が狭くなった。制作側としては興行のためにスターを起用するしかないが、その分、実力のある新人俳優たちへのチャンスが減ってしまい、残念な気持ち」とコメントした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事