俳優チョン・へイン、三池崇史監督との“残念な思い出”を共有「国や言語の壁は重要ではないが…」

2022年10月07日 話題 #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

チョン・ヘインが日本人の監督と初めての作業で感じたことを語った。

【写真】チョン・ヘインの「汗だくタンクトップ姿」

本日(10月7日)午前、釜山・海雲台(ヘウンデ)のグランド朝鮮ホテル釜山グランドボールルームでDisney+オリジナル『コネクト』(原題)の記者懇談会が行われ、三池崇史監督、主演俳優のチョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、女優のキム・ヘジュンなどが参加した。

『コネクト』は『着信アリ』『妖怪大戦争』『ラプラスの魔女』などを手がけた三池崇史監督の初の韓国演出作だ。ここに、安定した演技力が保証されているチョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンが加わり、目が離せない展開を用意しているという。

チョン・ヘインは劇中、新人類であり奪われた目を取り戻すために連続殺人鬼を追うドンス役を演じた。 

記者懇談会でのチョン・ヘインをキャッチ!

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集