“兵役逃れで出禁”の歌手ユ・スンジュン、再び韓国に舞い戻るか。結論は本日(7月11日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

最高裁判所が、歌手ユ・スンジュンの入国禁止に関する最終決定を下す。

最高裁3部は本日(7月11日)、ユ・スンジュンがLA韓国総領事館を相手に起こした「ビザ発行拒否処分の取り消しに関する訴訟」の上告審判決を言い渡す予定だ。

(関連記事:“兵役逃れ”歌手ユ・スンジュンの新譜、批判相次ぎ販売中止か

1990年代に人気ダンス歌手として活躍したユ・スンジュンだが、軍入隊を控えた2002年、突然アメリカの市民権を得て兵役免除を受けた。入隊の意思を明らかにした後の出来事だったため、ユ・スンジュンの行動には非難が尽きなかった。

結局ユ・スンジュンは入国禁止となり、それから17年間経った今でも韓国の地を踏むことができずにいる。今回の訴訟に関しては1審、2審共に敗訴している状況だ。

(写真=ユ・スンジュンのSNS)

兵役逃れで不名誉に韓国を去ったユ・スンジュンが、再び韓国に足を踏み入れることができるのか。世間はこれから下される決定に注目している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事