「韓国の黄金時代」と『イカゲーム』イ・ジョンジェ、「“K-カンヌ”」と韓国映画を海外メディア絶賛

2022年05月25日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

「”K-カンヌ“:韓国映画がカンヌ映画祭を魅了している」

【写真】BTS・Vとイ・ジョンジェの“豪華ツーショット”

韓国映画が3年ぶりの5月開催となった第75回カンヌ映画祭で、韓国映画が人気を博していることについて、『The National』や『Taipei Times』などの海外メディアは、“K-カンヌ(K-Cannes)”と報じた。

まず『The National』は、「韓国映画はNetflixシリーズ『イカゲーム』(2021)と、映画『パラサイト 半地下の家族』(2019)に対する熱狂の波に乗って、精巧な陰謀と洗練されたアクションに対する好みに合わせながら、カンヌ映画祭を魅了している」と伝えた。

続いて、初監督作品『HUNT』(原題)でカンヌ入りしたイ・ジョンジェの言葉を引用し、「今は韓国プロダクションの黄金時代のように感じられる。そして、それは始まりに過ぎない」と紹介した。

(画像=Artist Company)『HUNT』ポスター

また台湾メディアの『Taipei Times』は、『別れる決心』(原題、英題『Decision to Leave』)で4度もコンペティション部門に進出したパク・チャヌク監督の感想を引用し、「韓国は極端な状況を体験し、それが私たちの性格を変えた。私たちは落ち着いていたり、善良な性格を持っていない。私たちは気まぐれで、それは私たちの映画やシリーズに反映される」と言及した内容を紹介し、韓国映画の性格を定義した。

(画像提供=CJ ENM)『ベイビー・ブローカー』韓国版ポスター

ほかにも『The National』は、是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』への期待感も示している。本作には、『パラサイト』のソン・ガンホ、『新感染半島 ファイナル・ステージ』のカン・ドンウォン、K-POPのメガスターであるイ・ジウン(IU)を含む、韓国のオールスター俳優陣が出演すると付け加えた。

【画像】『イカゲーム』女優の“痩せすぎた”近況が話題

【写真】イ・ジョンジェとBLACKPINKジェニーの“豪華すぎるツーショット”

【関連】『イカゲーム』の監督が明かした新シーズンの最新情報「ギフンが帰ってくる」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集