宇宙少女、『NAVILLERA』の圧倒的なパフォーマンスが高評価「危機をチャンスに変えた」

2022年04月17日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙少女が『Queendom2』で見せたパフォーマンスで改めて好評を得ている。

【画像】宇宙少女、デビュー6周年を迎え…「愛していると伝えたい」

宇宙少女は4月14日に放送されたMnetのサバイバル番組『Queendom 2』で、2度目となるカバー曲バトルのステージを披露した。

1次競演で計6チームのうち2位となった宇宙少女は、2度目のカバー曲バトルの相手にVIVIZを選んだ。宇宙少女は1次競演の最終点数を確認した後、「2次では少しのミスもせず、1位に上がろう」と覚悟を決めた。

宇宙少女は大衆性、そしてグループに合ったコンセプトをもとにGFRIENDの『NAVILLERA』を選んだ。

(画像=Mnet『Queendom2』キャプチャー)

1次競演の時の辛さが残る砂時計を見ながら「危機をチャンスにしよう」と意気込みを語り、割れた砂時計を利用してストーリーを続けるステージをひたすら練習した。

事務所の先輩も応援に駆け付ける

同じ事務所のMONSTA Xジュホンとヒョンウォンも宇宙少女を応援。特に、ジュホンは練習映像を見た後、「ステージでフルパワーで踊っても、画面越しの視聴者には伝わらないかもしれない。その偏見を破るには、それ以上のことをしなければならない。これがどんな機会になるかわからない。歯を食いしばって取り組まなければいけない」とアドバイスしている。

宇宙少女は「絶対に後悔と涙のない状態で舞台を降りる」と覚悟を決め、2次競演のステージを披露した。

ビー玉と割れた砂時計を使ったオープニングパフォーマンスと原曲にはないラップパート、雄大でインパクトのある編曲が強いインパクトを与えている。

(画像=Mnet『Queendom2』キャプチャー)

宇宙少女のステージが終わると、VIVIZは「オープニングのパフォーマンスが素晴らしかった」「選曲が新鮮だったが、編曲の方向性は予想外だった」と話した。

宇宙少女は控え室に戻り、「泣かずに帰ってきただけでよかった」とすっきりした気持ちを明らかにしている。

メンバーのヨルムは「これまでは、そのアルバムに合わせた振り付けだけをしてきて、深みのあるパフォーマンスを見せる機会が少なかった。一人で絶望した日も多かったが、今回の『Queendom2』を通じてメインダンサーとしての存在感を発揮できた気がしてすっとした」と思いを伝えた。

宇宙少女が出演する『Queendom2』は毎週木曜日21時20分にMnet JAPANとABEMAで同時生中継される。

【写真】フェンシングウェア脱いだ“コ・ユリム役”ボナ、美しさも韓国代表レベル

【写真】宇宙少女CHOCOME、ファンにビタミンをチャージ!

宇宙少女ボナ、ボーイズグループのメンバーと熱愛説が浮上

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集