SUPER JUNIORが下半期にカムバック。2人のメンバーが“決して許されない”理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

SUPER JUNIORが今年下半期に完全体でのカムバックを控えたが、メンバーのカンインとソンミンの名はそこになかった。

所属事務所Label SJは6月3日、「下半期にリリースを予定している9枚目のフルアルバムは、メンバーたちと議論を重ねた末にイトゥク、ヒチョル、イェソン、シンドン、シウォン、ウニョク、ドンヘ、リョウク、キュヒョンの9人体制で制作することに決定した」と明かした。

(関連記事:G-DRAGONが「メンバーのせいで悩みが増えそうなリーダー」第1位に。続く2位、3位は誰?

Label SJが発表した完全体メンバーの中に、カンインとソンミンの名は見当たらなかった。同事務所は「グループ活動に参加しないカンインとソンミンに関しては、別途の個人活動を通じて今後をお知らせする計画だ」と伝えている。

メンバー最年少のキュヒョンが除隊して久々のアルバムリリースとなるだけに、今回のカムバックに対するE.L.F(SUPER JUNIORのファンの愛称)からの期待は大きなものと予想されていた。しかし、ファンたちは彼らのカムバックを喜ぶどころか、声明文を発表して断固とした立場を示した。

E.L.Fは最近、カムバックの発表を前にカンインとソンミンの脱退を求める声明文を公表した。

「私たちは、所属事務所によるカンインとソンミンの活動中止決定を尊重しており、完全体のカムバックを控えた現在の状況で、2人の脱退可否に関する所属事務所の賢明な返答を待ってきた。

しかし、最近耳にしたニュースは“ウェブドラマ出演によるカンインの復帰”と、“下半期のカムバックに参加するメンバーは未定”との発表だった」

声明文による主張は、さらに続いた。

「私たちは、カンインとソンミンがグループに合流することによって生まれる“SUPER JUNIOR全体のイメージダウン”を懸念している。(本声明文を通じて)これ以上2人の脱退に関する問題を先延ばしにすることは許されず、さらに断固とした措置が必要であるという意見を集めた。

これまで何の対処もない所属事務所に本声明文を提出すると同時に、所属事務所による明確な立場表明が出るまでは、SUPER JUNIOR及びメンバーの活動すべてに対するボイコットを宣言する」

カンイン

2人のメンバーが犯した“許されない罪”

E.L.Fがここまで断固とした態度に出るのは、理由があった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事