俳優イ・ビョンホンが新型コロナに感染…3回目接種済み、主演ドラマの撮影は一時中断

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ビョンホンが新型コロナウイルスにブレイクスルー感染した。

【写真】「ぶりっこしてる」イ・ビョンホン夫婦のキスショット

イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテインメントは2月9日、イ・ビョンホンが新型コロナに感染し、自主隔離中であることを発表した。

イ・ビョンホンはすでに3回目接種(ブースター接種)を終えていたという。同事務所は「イ・ビョンホンの体調が優れず、新型コロナ検査を受けた結果、7日に感染が確認された。現在は健康に大きな異常はない」と伝えている。

新型コロナ感染によって、イ・ビョンホンが主演を務めるtvN新ドラマ『僕らのブルース』(原題)の撮影も中断された。

制作陣側は「イ・ビョンホン感染のニュースを聞いた後、すぐに撮影を中断した。すべてのスタッフと出演者が検査を受け、陰性判定を受けた」とし、「今後の撮影も防疫長曲の指針に従い、安全を第一に考慮し、撮影を進める予定だ」と伝えている。

(写真=BHエンターテインメント)イ・ビョンホン

◇イ・ビョンホン プロフィール

1970年7月12日生まれ。漢陽(ハニャン)大学校在学中にアルバイトを通じて「コカ・コーラ」をはじめとした多数のCMに出演。母親の友人が韓国の地上波KBS主催の公開採用オーディションの願書を手に俳優の道を勧め、1990年にKBS公開採用14期生に合格した。翌年にはトップの成績で研修を終え、すぐにテレビドラマ『アスファルト、我が故郷』でデビューした。2000年に公開された主演映画『JSA』は韓国でメガヒットし、社会現象に。2004年にドラマ『美しき日々』が日本で放送された際には、クールさと強引さを兼ねそなえた男らしいキャラクターで視聴者の心を掴んだ。2019年には主演映画『白頭山大噴火』を通じて北朝鮮の工作員を熱演し、大きな反響を得た。

イ・ビョンホン脅迫の元ガールズアイドル、韓国版ニコ動で荒稼ぎ

【写真】「脚だけで2m」イ・ビョンホンの妻の美脚っぷりがすごい

イ・ビョンホンに日本語で声をかけた海外メディア、それに対する賢明な対応

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集