ガールズクラッシュ代表(G)I-DLEソヨンの指導方法に“愛”を感じる…「映るように止まって!」

2021年12月21日 テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーディション番組『放課後のときめき』(原題)に出演している(G)I-DLEソヨンの指導方法に注目が集まっている。

12月19日に放送された『放課後のときめき』第4話では、3年生と4年生の2回目となる学年対抗戦が行われた。それぞれが自分なりの魅力を盛り込んだステージを披露しただけでなく、担当の先生の指導方法までも公開され、視聴者の注目を集めた。

4年生の担当をしている(G)I-DLEのソヨンは、目つきだけで観客を圧倒できるように指導し、練習生の実力を最大限に引き出した。週末の練習にも自ら足を運んで参加し、練習生への“愛”も感じさせた。

【写真】(G)I-DLEミヨン、“カリスマ性”あふれるプロフィール写真公開

ソヨンは、「私たちはセクシーだ。こう思いながらステージをやるべき。やりすぎても良い。今よりもっと」とアドバイスを送った。

(写真提供=JTBC)

ソヨンは練習生1人ひとりの細かい部分までチェック。練習生のユン・チェウォンがパフォーマンスについて悩んでいると、自らが踊ってレクチャーする場面も。

また、イ・ミヒの課題曲であるaespaの『Black Mamba』で踊るダンスについて、「いっそ、あなたがしっかりとカメラに映るように止まって」と言葉を送った。

ダンスバトルでもソヨンの指導方法が印象深かった。3年生のイ・テリムがソヨンの担当するホン・ヘジュのダンスを真似し、挑発する場面を見ると「一緒にやろうと約束したの?」と問いかけた。

「合わせた」と答える彼女にソヨンは、「なら、最初から真似されないようにやるんだ。1人で練習して」と厳しくも的確なアドバイスを伝えている。

自分なりの指導方法で4年生の魅力を最大限に発揮させることに成功したソヨン。今後、彼女がどのようにデビューまで引っ張っていくのか、視聴者からの期待が集まっている。

『放課後のときめき』は毎週日曜日21時に、MBCとNAVER NOW.で放送されている。

韓国芸能界に広がった“いじめ疑惑”、ひと段落か…浮上した疑惑の焦点は真相究明だ

PENTAGON、(G)I-DLEらを輩出したCUBEから3年ぶりにガールズグループが誕生!一部メンバー公開【PHOTO】

世界でも大人気のガールズグループ(G)I-DLEのSOYEONとSHUHUA、ポジションに対しての本音とは【一問一答】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集