“リピーター続出” Netflix人気作『D.P.』主演キャスト&監督が挙げた名シーンは?

2021年09月09日 テレビ #Netflix #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルシリーズ『D.P.-脱走兵追跡官-』が世界中で注目を集めているなか、ハン・ジュニ監督と主演キャストが選ぶ名場面を公開した。

【写真】チョン・ヘインの投稿にNetflixがコメント「誰を捕まえに?」

同作は、脱走兵たちを捉える“脱走兵追跡官”、通称「D.P」に任命された二等兵のジュンホ(演者チョン・ヘイン)と上等兵のホヨル(演者ク・ギョファン)が、さまざまな事情を持った脱走兵を追いかけながら今まで気付かなかった現実に向き合うストーリー。

ドラマのタイトルバックも「一つの作品だと思う」というハン・ジュニ監督は、「1人の人間が生まれて成長し、軍隊に行くことで少年から青年、男になる過程を表現したかった。スキップせずに見られるタイトルバックを作りたかったし、よりアナログな、フィルムに近い感じを見せたかった」と語った。

ホヨル役のク・ギョファンもタイトルバックについて「強烈な物語を持つシーンだ。VHSのような質感から始まり、その中のジュンホの代わりにホヨルやチョ・ソクボンを入れても大丈夫。オープニングシーケンス自体が心を動かすような感じだった」と絶賛した。

(写真=Netflix)

ク・ギョファンは最も記憶に残り、注目すべきシーンとして「ジュンホとの初顔合わせ。目もくれなかったのに、突然『お前がアン・ジュンホか 俺の息子』とぴたりと気づく」と挙げた。

また、「釜山でバスから降る時、ホヨルが『ハイ、釜山!』と言うと明るく笑ったジュンホの笑顔がすごく記憶に残る。ジュンホにはたくさん笑ってほしい」と、相棒に対する思いをうかがわせた。

ジュンホに優しくしてくれたチョ・ソクボンのエピソードも外せない。

チョン・ヘインは「撮影しながらも、結果を見ながらも感情が込み上げ、頭がズキズキするほど胸が痛かったし、尾を引いた」と振り返った。

脱走兵たちのエピソードが話題を呼び、リピーターが続出している『D.P.』は、Netflixで独占配信中。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集