BLACKPINKのカムバックが大反響。強烈なサウンドと進化したパフォーマンスに世界中から熱視線

2019年04月05日 K-POP #BLACKPINK
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループBLACKPINKが、ニューアルバム『KILL THIS LOVE』のリード曲『Kill This Love』でカムバックを華麗に彩った。

4月5日午前0時に公開されたBLACKPINKの新曲『Kill This Love』は、午後2時基準でスウェーデン、ポルトガル、フィリピン、アルゼンチン、ブラジル、マレーシア、インドネシアなど、世界36地域のiTunesシングルチャート1位を記録している。それだけでなく、アルバム『KILL THIS LOVE』は日本、ロシア、フィンランド、ギリシャ、ニュージーランドなど31地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得。K-POPクイーンの帰還を大々的に知らしめた。

さらに『Kill This Love』は、世界最大の音楽市場である米iTunesで1位を獲得し、本格的な進出を宣言したアメリカで熱い反響をもたらした。

(関連記事:BLACKPINKが米ABCの人気情報番組「GMA」に出演。アメリカ進出を本格化

これに先立って、BLACKPINKはデビュー曲『BOOMBAYAH』でAmazonベストセラーチャート1位を獲得し、その存在感を証明したことがある。

BLACKPINKのカムバックによる快挙は、これだけではない。

『Kill This Love』のミュージックビデオは公開から4時間13分で再生回数1000万件を超え、韓国最短新記録を更新した。9時間が経過する頃には2000万件を超え、ついには3800万件超えという驚異の数字を叩き出した。(4月5日18時25分現在)

(写真提供=YGエンターテインメント)

『Kill This Love』は、BLACKPINKのカリスマ性あふれるラップとボーカルが存分に生かされた楽曲。4人の世界的な振付師によるダンスは強烈のサウンドと見事にマッチし、より躍動的なパフォーマンスが実現したと評価されている。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事