ハ・ジョンウ、イ・ビョンホンら豪華俳優陣が自らキャラ説明!『白頭山大噴火』が特別映像解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、そして、マ・ドンソクという韓国最高の俳優陣が豪華共演した『白頭山大噴火』が、いよいよ8月27日にTOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開を迎える。

【話題】 ハ・ジョンウの父、39歳年下女性に“中絶強要”で訴えられるも電撃和解!

今回、朝鮮半島で最も高い標高2744メートルの白頭山(ペクトゥサン)が噴火するという、大胆なアイデアを映像化した本作で、未曾有の大災害に対峙する人々を個性豊かに演じたイ・ビョンホン、ハ・ジョンウさらにマ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジという韓国映画界を代表する俳優たちが、自身が演じるキャラクターを解説するメイキング映像が解禁となった。

言葉に苦労したというイ・ビョンホン

まず極秘作戦の成否のカギを握る北の工作員リ・ジュンピョンを演じるイ・ビョンホンは、「無邪気で人間味もあるように見えます。でも鋭くて誰よりも優れた直感を持つ人物です」と自らのキャラクターを分析した上で「心の底で何を考えているのか、常に気になるよう演じました」と語る。

またこれまで映画・ドラマで様々な役柄を演じてきたイ・ビョンホンだが、北朝鮮の工作員役は今回が初めてだという。北朝鮮の方言や中国語のセリフには苦労したというが、一癖も二癖もあるミステリアス役どころをさすがの存在感で熱演している。今回の映像では「エッジの効いたアクションを心がけました」という痺れるガンアクションシーンも垣間見られる。

そして、期せずして半島の運命を託された韓国軍爆弾処理班のチームリーダー、チョ・インチャン大尉を演じたハ・ジョンウは、「彼は除隊まで残り数日で、民間人としての人生を目の前に作戦に加わることになる」と説明。

「戦闘兵ではないので始めはのんびりした人物。徐々に責任感が芽生え、任務を遂行しようとする人物に成長していきます」と語り、ときに本心を読み取れないジュンピョンに翻弄されながらも、家族のために命を懸けて成功率3.48%という究極のミッション遂行に向かうインチャンを人間力溢れた演技で魅了する。

ユーモアな一面も忘れないマブリー

続いて「白頭山の噴火を研究する専門家の役です」と自らの役どころを説明するマ・ドンソクが演じたのは、大噴火を予見し、さらなる大災害を防ぐため、前代未聞の作戦を提案するカン・ボンネ教授。

「地質学教授であり、体より頭脳を使うキャラで、慣れない言葉を使うので難しかったです」と振り返りつつ、「でも楽しかった」と撮影現場で監督と真剣に話し合ったり、モニターを見ながら満足げに笑う姿も。「自然なユーモアを見せたくて…テイクごとに違った演技をしていました」と語るマブリーこと俳優マ・ドンソクが見せる新たな一面から目が離せない。

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

一方、カン・ボンネ教授にアドバイスを求める韓国大統領府の民政首席チョン・ユギョン役のチョン・ヘジンは、「決断力が求められる人物で強引さと同時に常に冷静さが必要。独特の機転が利くキャラですね」と解説。「わずかな可能性でも全てのためだと前進する姿は、今までにない強さがあって感動的です」と語る。

さらに、ハ・ジョンウ演じるインチャンの妻チェ・ジヨンを演じたペ・スジは、「自分自身や夫との約束を守るため、生き残ろうとする強い人物」と語る。そして出産を控えて遭遇する大災害の混乱を「初めて経験することばかりで悩みましたが、リアルな現場を作ってくださって役に没頭できました」と振り返り、大切なものを守るため、希望を捨てずに行動するジヨンを力強く見事に演じきっている。

大噴火まで残された時間は、わずか75時間。物語に没入感を与える俳優陣の演技合戦にもぜひ注目したい。

コラボメニューも実施

また、本作公開を記念し、「東京純豆腐」でコラボメニュー実施が決定した。

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

本作の豪華俳優陣共演を見立て、韓国おでん、トッポギなど韓国人気食材が集結した「白頭山スンドゥブ」が期間限定(8月27日~10月31日)メニューとして登場。本メニューには、数量限定の韓国版ビジュアルポストカードをプレゼントされるということでファン必見となっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集