「“いじめ”でグループを脱退した」と主張する元アイドルへの暗喩?APRIL元リーダーが意味深投稿

2021年06月10日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループAPRIL出身で、グループKARDのチョン・ソミンが意味深長な投稿が注目を集めている。

同じくAPRIL所属当時、メンバーからいじめられてグループを脱退したと主張しているイ・ヒョンジュへの暗喩ではないかとの見方も出ている。

【注目】いじめ疑惑のAPRIL「全員が苦しい時期過ごした」

チョン・ソミンは6月9日、インスタグラムストーリーに「丸く丸く善良に生きればいいと思っていた。世の中はそうじゃなかった」という内容が書かれた書籍の一部を撮影して投稿した。

そこには「丸いだけではあちこちに転がっていく。少しはとがる必要もある」といった内容が含まれていた。

チョン・ソミンの投稿を見て、APRIL出身のイ・ヒョンジュがいじめを受けたと暴露した当時、チョン・ソミンが首謀者と見られたことに対して言及したのではないかとの見方が出ている。

チョン・ソミン

先立って今年2月、イ・ヒョンジュがAPRILデビューから1年が過ぎた2016年にグループを脱退したのは、グループ内でいじめを受けていたからと主張するイ・ヒョンジュの弟の文章がオンラインコミュニティに上がり、大きな騒動となった。

その後、イ・ヒョンジュはSNSを通じて、デビュー準備をしていた2014年から2016年まで、グループ内のいじめが続いたと明かした。暴行、暴言、悪口、家族に対する人格攻撃などがあったという。

2014年にKARAの新メンバーを選抜する「KARAプロジェクト」などに参加したチョン・ソミンは、2015年にAPRILのリーダーとしてデビューしたが、3カ月で脱退。2016年にKARDのメンバーとして再デビューしている。

イ・ヒョンジュのいじめ暴露で騒動が大きくなり、チョン・ソミンが火付け役だったのではないかとの疑惑が浮上した当時、所属事務所DSPメディア側は「チョン・ソミンは16歳で当社の練習生として入社し、長い期間、黙々と練習してきた。特定のメンバーを嫌ったり、いじめたりした事実はない」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集