BTSのV、“世界で最高の顔”1位に選ばれて話題!男女区別なしの投票、他メンバーもTOP10入り

2021年05月07日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)のVが2021年の“世界で最高の顔”1位に選ばれて、注目を集めている。

【写真】「身長差ヤバい…」Vと女性スタッフの2ショット

海外メディア『Special Awards』は去る5月5日、「2021年世界で最高の顔(Best face in the world 2021)」を発表。BTSのVが1位となった。

今回の投票は全世界のネットユーザーを対象に、3月21日から6週間にかけてオンライン、ツイッター、フェイスブック、インタグラムなどを通じて行われた。

その結果、Vは性別の区別なく選ばれた男女100人の候補中、最終的に1位に。過去にも同様のランキングで何度か世界1位になっているVだが、今回は男女の区別を超えての1位であるだけに、意味が大きいかもしれない。

(画像=Special Awards)1位に選ばれたV

先立ってVは、海外のエンタメ専門メディア『Starmometer』は「世界で最高の顔 2020」(Best face in the world 2020)で1位選ばれ、同メディアが毎年選定する「アジアで最高に魅力的な男性」(Asian Heartthrobs 2020)という投票でも3年連続1位に選ばれて“名誉の殿堂入り”を果たした。

今年に入ってもSPECIAL AWARDSの「Top Face 2021 Season 1」で1位に輝いる。また日本でもヒョンビン、パク・ソジュン、チャ・ウヌらと並んで「新韓流イケメン四天王」に選ばれたりもした。

なお今回の「世界で最高の顔」トップ10にランキングされたのは、10位BTSのSUGA、9位BTSのRM、8位キム・ジス、7位BLACKPINKリサ、6位BTSのJIN、5位BTSのJIMIN、4位BTSのJUNG KOOK、3位EXOのCHANYEOL(チャンヨル)、2位BTSのJ-HOPEだった。

◇V プロフィール

1995年12月30日生まれ。本名キム・テヒョン。2013年にBTSのメンバーとしてデビューし、グループ内ではサブボーカルを務める。“美少年”と呼ぶに相応しいビジュアルとのギャップを感じさせる低音ボイスが特徴で、ボーカルラインの中でも主に中低音パートを担当している。優れたビジュアルが世界的に評価されており、映画情報サイト『TC Candler』が発表する「世界で最もハンサムな顔100人」の上位にたびたびランクインしている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集