韓国産アニメ映画『奇々怪々整形水』が世界の映画祭で大好評!日本でも年内公開予定

2021年02月25日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のアニメ映画『奇々怪々整形水』(原題)が、2月に開催された「第46回ボストン・サイエンスフィクション映画祭」で最高アニメーション賞に輝いた。

【関連】韓国で劇場版アニメが好調、『鬼滅の刃』は歴代7位

昨年9月に韓国で公開された『奇々怪々整形水』は、同名の人気WEB漫画のアニメ映画化。

塗っただけで完璧な美人になる「整形水」の存在を知った主人公・イェジが、美人に生まれ変わったことで経験するホラー整形怪談だ。整形水という独特な素材とスピーディな展開が好評を得て、韓国では創作アニメ映画では異例の観客動員数10万人を突破するヒットとなった。

アニメ界のカンヌ映画祭と呼ばれる「第44回アヌシー国際アニメーション映画祭」長編コンペティション部門の招待を皮切りに、「第26回エトランジュ・フェスティバル」「第11回Slash Film Festival」「第24回富川国際ファンタスティック映画祭」「第19回ニューヨークアジア映画祭」「第53回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭」「第39回バンクーバー映画祭」「第13回ストラスブール・ファンタスティック映画祭」といった世界有数の映画祭に招待され、世界からも注目を浴びている。

今年も海外映画祭からのラブコールが続き、アメリカで最も伝統ある独立ジャンル映画祭「第46回ボストン・サイエンスフィクション映画祭」に招待された上に最高アニメーション賞を受賞することとなった。

『奇々怪々整形水』は、企画段階から世界市場を念頭に置いて6年という制作期間を費やした。

韓国での公開に合わせてシンガポール、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランドで同時公開されており、日本では2021年内に公開予定となっている。

アニメ映画『奇々怪々整形水』韓国ポスター

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集