韓国ドラマ『運命と怒り』日本初放送決定。4人の男女が繰り広げる壮絶な愛に注目!

2019年01月24日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

チュ・サンウク、イ・ミンジョン主演の韓国ドラマ『運命と怒り』(原題)が、DATVにて2019年3月に1話先行放送、4月に本放送スタートとなる。

『運命と怒り』は、韓国で昨年11月から放送がスタートした最新作。チュ・サンウクとイ・ミンジョンが『ずる賢いバツイチの恋』以来、4年ぶりに共演し話題となった。

運命的な愛とすさまじい怒りによって、抜け出せない罠に陥った4人の男女の壮絶な愛を描くリアリティ溢れるドロドロな激情ドラマとなっている。

イ・ミンジョンは、頭脳明晰な上に美貌を持ち全てを兼ね備えているが、姉の自殺未遂や父の死など不遇な家庭環境のために人生のどん底に落ちているク・ヘラ役。ゴールドグループの次男テ・インジュン(チュ・サンウク)に近づいて運命を切り開こうとする。

一方、チュ・サンウク演じるテ・インジュンは、実の母が亡くなり、元妾の継母のせいでひどい仕打ちを受けているが、心の底にはある野望を持ち続けている人物だ。

(関連記事:ドラマ「最高の離婚」韓国リメイク版、3月に日本初放送。日本版との違いに注目せよ!

(写真提供=DATV)

そして、日本で好評放送中の『Power of K TOKYO LIVE』でMCを務めているSUPERNOVAのユナクは、イ・ミンジョンの友人の弟役で、ポジティブでエネルギー溢れる釜山出身のイケメン カン・イゴン役を好演。パク・スア(元 AFTERSCHOOL)とのラブラインにも注目してほしい。

運命的な愛と壮絶な怒りが交錯する究極のスパイラル・ラブストーリーの行方に期待が集まる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事