DJ SODA、同僚からのセクハラ被害を告白「友だちだと思っていたのに」

2019年01月22日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ SODA(ソダ)が同僚のフランス人DJにセクハラを受けたと暴露した。

1月21日、彼女は自身のインスタグラムに「音楽活動を手伝ったくれるなど、私が友だちだと思っていたフランス人のDJにセクハラを受けた」と始まる長文を投稿。

「体の特定部分を言及する低質なセクハラをしたくせに、軽いいたずらだったなんて。今まで生きてきて数多くの人にこれとは比較にならない、(一般人には)想像すらできないようなセクハラを受けてきた」としながら、「名前が知られているという理由で、報復が怖くてずっと見過ごしてきた。しかし、もう黙っていない。これ以上こんなことで傷つきたくない」と、心境を綴っている。

(写真提供=HOUSE OF MUSIC)

書き込みと同時に、該当のフランス人DJから送られたダイレクトメッセージのキャプチャーも公開したDJ SODAは、強硬な対応を取るとの立場を示した。

(関連記事:韓国の期待の新人俳優かまさかの“強制わいせつ”疑惑で警察に!! 渦中のチョン・ユアンとは?

昨年6月、世界的レコード会社ワーナー・ミュージックと契約を結んだDJ SODAは、韓国を代表する女性DJの1人として、グローバルな活動を展開している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集