「妖精が喋っている!!」IZ*ONE宮脇咲良の韓国語と好きな韓ドラとは?

2020年10月29日 テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の人気番組『クイズの上のアイドル』に、IZ*ONEが挑戦状を突きつける。

KBS2の『クイズの上のアイドル』は、K-POPアイドルたちがクイズ対決を繰り広げて優勝を目指し、火花を散らす番組。10月31日に放送される第5回ゲストとしてIZ*ONEのチェ・イェナ、チャン・ウォニョン、宮脇咲良、アン・ユジンが出演し、先輩アイドルたちと興味津々のクイズ勝負を繰り広げる。

【写真】「理想が詰まった」咲良の美スタイル

IZ*ONEは12人のガールズグループで、9人の韓国人メンバーと3人の日本人メンバーで構成されたグローバルアイドルだ。

ピンクの衣装を着て登場したIZ*ONEはラブリーな姿を披露し、番組MCのチョン・ヒョンドンも思わず「人ですか? 妖精ですか?」と感嘆するだけでなく、IZ*ONEが答えるたびに「妖精が喋っている」と言って、笑いを誘った。

(写真提供=KBS2)

今回の収録で注目を集めたのは、唯一の日本人メンバーからの参加となった宮脇咲良だ。

宮脇咲良は自身の韓国語の実力について「もう字幕なしで韓国ドラマが見られるぐらいです」と言って皆をびっくりさせた。

また、『夫婦の世界』と『賢い医師生活』を楽しんだという宮脇咲良は「『椿の花が咲く頃』は明日から見る予定です」と言って笑いを誘った。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集