元KARAク・ハラだけじゃない!! 韓国芸能界の衝撃すぎる“リベンジポルノ“事件を振り返る

2018年12月29日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも最近、大きな問題となっているリベンジポルノ。

リベンジポルノとは、元恋人や離婚した元配偶者が怨恨や金銭獲得を目的に、ヌードや性行為といった画像や動画をインターネット上などに流出させる、極めて悪質な嫌がらせのこと。

今年は元KARAのク・ハラが“リベンジポルノ”騒動に巻き込まれて関心を集めた。

(関連記事:KARAク・ハラ、サンタに変身した日本ファンミ写真公開

ただ、実は韓国芸能界では、これまでもリベンジポルノが問題になってきた。

1998年には1本のビデオテープが韓国社会を揺るがす大問題になったことがある。別名、“O嬢事件”がそれだ。

1998年、1本のビデオが韓国を揺るがした“O嬢事件”

1989年ミス・コリア出身で、テレビのドラマやバラエティ番組でよく見かける人気女性タレントだったオ・ヒョンギョンと、その恋人との性行為を盗撮したビデオテープが出回った。

流失元はいまだ明らかにされていないが、一部では彼女の元マネージャーだったとされている。

2000年、日本でも紹介された“P嬢事件”

2000年にはP嬢の盗撮ビデオが出回ったこともあった。

P嬢とは“ダンスミュージック・クイーン”、“バラードの女王”として人気絶頂だったペク・ジヨンのことだ。

彼女のビデオテープは、アダルトショップで1本1万ウォン(約1000円)から8万ウォン(約8000円)で売り買いされ、90分ノーカット版高画質なものになると、1本32万ウォン(約3万2000円)という値段で飛ぶように売れた。

アメリカにサーバーを持つアダルトサイトでは19.99ドルで普及版かダウンロードでき、日本の有料サイト“お宝動画クラブ”でも紹介された。

当時をよく知る韓国スポーツ紙芸能部の記者によると、「ペク・ジヨンのビデオの犯人は、彼女を発掘して芸能界デビューさせた元歌手でマネージャー。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事